Thoracic Surgery呼吸器外科

患者さんへ

呼吸器外科では、肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、気胸、膿胸、胸壁腫瘍などあらゆる疾患を取り扱っており、常に新しい技術、知見を取り入れ、質の高い手術・治療を提供しています。
早期の肺がんに対しては、胸腔鏡を用いた「単孔式胸腔鏡手術」や米国で開発されたロボットを用いた「ロボット支援手術」を実施しています。
また、進行肺がんに対しては拡大手術を実施しており、患者さんの病態や全身の状態に応じて、最善・最良の治療法を「一緒」に考えながら決めています。患者さん一人ひとりと向き合いながら通院から入院、退院まで一貫して診ており、がんを取り切る「根治性」と、患者さんの心身の負担を最小限に抑える「低侵襲性」の両立を目指します。

当院には、がん手術の執刀数などの実績が認められ、学会専門医ライセンスの国内最上位を取得するなど、高度な技術と経験、実績を持つ医師が在籍しており、患者さんに満足度の高い医療を提供することを大切にしています。

対応疾患

  • 肺がん
  • 転移性肺腫瘍
  • 縦隔腫瘍
  • 重症筋無力症
  • 胸壁腫瘍
  • 胸膜覚醒中脾腫
  • 自然気胸
  • 膿胸、肺化膿症など

主な入院診療

手術

ロボット支援肺切除術

内容など

腹腔鏡手術と同じように身体に数か所小さな切開部を作り、専用の手術器具を動かして行う内視鏡手術です。高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術映像の下、多関節機能、手振れ防止機能があるため、精緻で正確な操作が可能になります。
複雑なリンパ節郭清を必要とする進行期の肺がんや、身体の深部に存在する縦隔腫瘍など、人間の手では手術することが難しいケースに対して積極的にこの手術を行っています。

手術

単孔式胸腔鏡下肺切除術

内容など

単孔式胸腔鏡手術とは、傷口が一つだけで済む整容性の高い手術です。傷が小さいため、入院期間も短縮できます。1か所の孔での操作になるので、高度な技術が必要になります。
肺がんや自然気胸、縦隔腫瘍など様々な疾患に対応しています。

診療実績

症例数・手術件数等

[単位:件]

  2020年 2021年 2022年 2023年
肺がん 57 54 49 57
転移性肺腫瘍 7 11 7 4
縦隔腫瘍 10 6 5 4
気胸 17 22 17 16
膿胸 15 9 17 16
その他 23 12 17 26
合計 129 114 112 123

※上記の表はいずれの年も1月~12月までの集計値です。

[単位:件]

  2020年 2021年 2022年 2023年
肺葉切除 47 38 31 33
肺区域切除 2 3 14 14
肺部分切除 38 32 29 29
胸腺全摘 3 6 1 2
その他 39 35 37 45
合計 129 114 112 123

※上記の表はいずれの年も1月~12月までの集計値です。

受診について

・当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
・ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。

医師紹介

道免 寛充
氏名 道免 寛充 ( どうめん ひろみつ )
役職 呼吸器外科部長
専門分野 呼吸器外科、外科一般
資格 日本外科学会 外科専門医・指導医

日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・評議員

日本呼吸器外科学会 胸腔鏡安全技術認定制度認定医(単孔式)

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医

呼吸器外科ロボット支援手術プロクター(手術指導医)

日本ロボット外科学会専門医 国内A(呼吸器外科)

日本ロボット外科学会専門医 国内B(消化器外科)

ダヴィンチサージカルシステム認定

日本内視鏡外科学会 技術認定(呼吸器外科領域)

日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医

日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

難病指定医

医学博士
成田 翔
氏名 成田 翔 ( なりた しょう )
役職 医師
専門分野 呼吸器外科、外科一般
資格 davinci Robot Surgery First Assistant Certification

外来担当医表

 
午前 道免 寛充
午後

ページトップへ