Infection Prevention Office.感染管理推進室

当院の感染管理推進室について

良質で安全な医療を提供するために、病院長の指示を受け、院内感染対策と抗菌薬適正使用の取り組みに対する実務全般を担います。
感染管理推進室では、病院内すべての場所を対象に、様々な感染症から患者さんとご家族、職員を守るため、感染管理の専門家集団によるチーム医療を行います。医師、専従の看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員らで構成される院内感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)と抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)を運営し、安全で質の高い医療が提供できるよう組織横断的に活動しています。

業務内容

感染管理に係る調査と介入・改善

感染症の発生状況や院内ラウンドの結果、医療関連サーベイランス、指定抗菌薬の使用状況などの実態を把握します。手指衛生に重点を置いて院内感染対策の推進を図り、改善のための方策を策定し、指導・助言を行います。

感染管理に係る情報の管理

院内感染対策のための指針、感染対策マニュアル、抗菌薬適正使用支援マニュアル等の整備を定期的に行っています。また、関連機関と情報を交換し、必要な情報を公開します。

感染管理に係る委員会・会議等

院内感染対策のための委員会等を運営し、感染管理活動の報告を行います。活動で得た情報をICT、AST、感染対策スタッフ(Infection Control Staff:ICS)と共有して院内の課題に取り組み、それらを職員に周知しています。

感染管理に係る教育・研修

院内感染対策と抗菌薬適正使用に関する職員教育・研修を企画・開催します。

感染管理に係る相談

院内感染対策と抗菌薬適正使用に関する相談対応を行っています。

感染管理に係る地域医療連携

連携医療機関と病原性微生物検出状況や院内感染対策、広域抗菌薬使用状況などについて情報交換し、合同カンファレンスや相互評価を行っています。

院内感染対策指針

医師紹介

笠原 英樹
氏名 笠原 英樹 ( かさはら ひでき )
役職 内科診療部長、リウマチ膠原病内科部長、感染管理推進室室長
専門分野 内科一般、リウマチ・膠原病
資格 日本内科学会 総合内科専門医

日本内科学会 研修指導医

日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医

日本感染症学会 ICD

難病指定医

医学博士

スタッフ

スタッフ 人数
医師 2
感染管理認定看護師
薬剤師
臨床検査技師 3
事務職員 1

2024年4月現在

ページトップへ